• Lumina

高野山

 

4年ぶりに高野山へ。

 

2005年、曼荼羅を天空に見るようになって

それを観察し、星や月の動きとの関連を見つけ、

その観察で得た考察を確かめに2008年に高野山大学の

一般向け夏期講習へ。


ちょうど曼荼羅と十二星座の講義が

あったのです。

 

あれから12年。

まさか、星読みでこんな活動をしているとは。



初めての高野山は、曼荼羅の学習もあったけど

何より自分自身の区切りとして訪れました。


生まれなおし、結び直しの儀式でした。



それから何度も訪れているのですが、

なんだか今回は

初めて訪れたときの感覚が呼び起こされます。


久しぶりに乗った南海電鉄。

九度山を過ぎたあたりから

景色はだんだん瞑想的に。


不思議な時空へ入っていく感覚。



「ようおまいり、ようこそおまいり」


そんな声が聞こえてきそうです。



あのときの星の配置を見ると

木星がやぎ座に。


今日の度数とまったく同じ位置です。


どうやらやぎ座の木星に導かれて

高野山に来たようです。

 

天のはからいとは

本当に粋なもの。





閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

冥王星・土星・太陽のコンジャンクション。 2020年の一大宙模様イベントが終わる。 星読みの上での太陽とはなんだろう? この太陽の解釈は 時代の中でその位置を変えてきた。 太陽を別の言葉で言えば生命力。 生命力についてわたしたちは考える必要がある。 「元気」がどこからやってくるかということ。 わたしたちは栄養だけで 元気になるわけじゃないということ。 自分がどう「在る」とき 自分自身として 誇りを

滔々と