• Lumina

「しるし」 木星

更新日:2020年1月5日

 

死の旅の中で

わたしは再誕生するために

自分の「しるし」を集めていく。

 

わたしの「しるし」集めは、

意外にも「木星」から始まった。



木星は不思議な星だと思う。

そこはいくつもの次元が出会う場所。

個人意識と社会意識を結ぶ場所。



わたしのやぎ座の木星。

 

自分がどんな恩恵の中で生きてきたのか。

わたしがやぎ座の木星からもらっている恩恵は

はかりしれない。


第2ハウスの木星。

仕事運の良さ、丈夫な体はこの木星の恩恵だと思う。

人生のチャンスは木星から与えられているように感じる。



3歳のとき、死にかけた。

眼を覚ましたのは

1月1日やぎ座の新月だった。

 


仕事のご縁、出会う人たち、

人生の経験、今の家とのご縁、

このからだとパワフルさ。


思い出せること以上に

やぎ座の木星の恩恵はあるのだと思う。


自分だけでは

到底ここまでたどりつけない。




2019年はやりたいことを全部やり切った。

上手にやったとは言えなかった。

苦しさも経験した。

でも、やっぱり助けられる。

もうだめかな~と思うところでいつも人に助けられる。


 


熊野の旅で熊野速玉神社で七福神のおみくじを引くと

わたしの神様は「福禄神」だった。


人望・人徳の神様。


一緒におみくじをひいた方が「その通りですね。」とほほ笑んだ。

 

手のひらの福禄神が

なんだか不思議だった。


わたしは、人に恵まれてるんだな。


そういわれてみればそうなのだと思う。

今までも聞いてきた言葉なのに

初めて聞くように感じた。







いつでも愛されていることを

思い出せるように。


いつどんなときも

希望があることを思い出せるように。


感謝のこころとともにあるように。



最初に木星の”しるし”を選んだんだ。





わからなくならないように。

暗闇でも見えるように。

太陽系で一番大きな星を。





閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4年ぶりに高野山へ。 2005年、曼荼羅を天空に見るようになって それを観察し、星や月の動きとの関連を見つけ、 その観察で得た考察を確かめに2008年に高野山大学の 一般向け夏期講習へ。 ちょうど曼荼羅と十二星座の講義が あったのです。 あれから12年。 まさか、星読みでこんな活動をしているとは。 初めての高野山は、曼荼羅の学習もあったけど 何より自分自身の区切りとして訪れました。 生まれなおし、

冥王星・土星・太陽のコンジャンクション。 2020年の一大宙模様イベントが終わる。 星読みの上での太陽とはなんだろう? この太陽の解釈は 時代の中でその位置を変えてきた。 太陽を別の言葉で言えば生命力。 生命力についてわたしたちは考える必要がある。 「元気」がどこからやってくるかということ。 わたしたちは栄養だけで 元気になるわけじゃないということ。 自分がどう「在る」とき 自分自身として 誇りを

滔々と