• Lumina

南海電鉄高野線

更新日:2020年1月8日

 


2019年は、縁のある神社や寺院、場所を訪れました。

全部行くことができていなくて。

 

あと行きたいところ

戸隠神社

高千穂

伏見稲荷

鹿島神宮

椿大神社

高野山


今年も合間に行こう。



今月は

久しぶりに冬の高野山へ行くことに。

 


高野山ももう何度いったかわからない。

 

南海電鉄の仏さま



あの写真もうないなあ。



ここまで書いて、

突然思い出す。


昔のブログが残ってたら・・・・

南海電鉄の仏さまがあるかも。

 


ということで

記憶を手繰り寄せて検索。

昔のブログとギャラリーサイト発見。

 



あった。

南海電鉄高野線のシートの仏様。



わかります?

仏様がいらっしゃるの。

 

高野山大学の教授が教えてくださった。


すべてに仏性は宿っていて

シートも人に座ってもらって

擦り切れて仏様になったというお話。

 

高野山らしい、いいお話だった。

これは、グループに投稿しようかなあ。





ひそかに昔の写真サイトご紹介。※あとで消すかもしれない。

http://www.photocabi.net/zen/


2005年から動けなくなってリハビリのためのブログ。

このとき、いくつかブログしてて唯一残ってるもの。(消せない)

ho-okupu.jugem.jp/


とても久しぶりに読んでみた。(存在を忘れてた)

このとき、ルミナの原型はできあがったんだなあ。


閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4年ぶりに高野山へ。 2005年、曼荼羅を天空に見るようになって それを観察し、星や月の動きとの関連を見つけ、 その観察で得た考察を確かめに2008年に高野山大学の 一般向け夏期講習へ。 ちょうど曼荼羅と十二星座の講義が あったのです。 あれから12年。 まさか、星読みでこんな活動をしているとは。 初めての高野山は、曼荼羅の学習もあったけど 何より自分自身の区切りとして訪れました。 生まれなおし、

冥王星・土星・太陽のコンジャンクション。 2020年の一大宙模様イベントが終わる。 星読みの上での太陽とはなんだろう? この太陽の解釈は 時代の中でその位置を変えてきた。 太陽を別の言葉で言えば生命力。 生命力についてわたしたちは考える必要がある。 「元気」がどこからやってくるかということ。 わたしたちは栄養だけで 元気になるわけじゃないということ。 自分がどう「在る」とき 自分自身として 誇りを

滔々と