top of page
  • 執筆者の写真Lumina

祈り

更新日:2020年1月4日



2016年3月 沖縄 ヤハラヅカサで。

独立して5年、ルミナの仕事を構築しはじめて3年が経った時。

 

土星はいて座、木星はおとめ座。

土星はわたしの出生の1ハウスど真ん中。

木星はわたしのMC点を通過したところ。

 


何かが達成されて、

新しい方向性に向かっていた。


まっさらになったこころに

未来への予感がキラキラと降り注ぐ。



土の中にいる虫が目覚めるように

新しい予感だけを受け取っていた。


まだ、その蠢くものが何であるかはわからずに。





ヤハラヅカサは知っていたのだろうか。

木星がいて座に入って完了するものを。



ただただ、やわらかい風が

わたしの長い髪を心地よく撫でていた。



今、わたしのからだは

あのときの心地よさを感じている。



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高野山

4年ぶりに高野山へ。 2005年、曼荼羅を天空に見るようになって それを観察し、星や月の動きとの関連を見つけ、 その観察で得た考察を確かめに2008年に高野山大学の 一般向け夏期講習へ。 ちょうど曼荼羅と十二星座の講義が あったのです。 あれから12年。 まさか、星読みでこんな活動をしているとは。 初めての高野山は、曼荼羅の学習もあったけど 何より自分自身の区切りとして訪れました。 生まれなおし、

太陽が「家」に戻る

冥王星・土星・太陽のコンジャンクション。 2020年の一大宙模様イベントが終わる。 星読みの上での太陽とはなんだろう? この太陽の解釈は 時代の中でその位置を変えてきた。 太陽を別の言葉で言えば生命力。 生命力についてわたしたちは考える必要がある。 「元気」がどこからやってくるかということ。 わたしたちは栄養だけで 元気になるわけじゃないということ。 自分がどう「在る」とき 自分自身として 誇りを

Comments


bottom of page