• Lumina

アガスティアの葉


いつの間にか時間が流れて

所属していたと思っていた流れから

まったく思いもよらなかった流れに入っていた。


それすらも

天の視点は知っていた。


しし座満月に「アガスティアの葉」の第1章を開いた。


開いたときは、

そこに書かれた内容が事細かに今の

状況とあっていて、

そのことに衝撃を受けた。


けど、それは、ほんの序章。

一日経ったとき、異変に気付いた。


魂の浄化が始まっている。


もう一度、アガスティアの葉の預言を

聞き直す。



もしかして・・・・。


わたしの中にひとつの仮説が立ち上がる。


そのことを確かめるために

カルマに関する13章と14章を12日に開いた。


やっぱり。。。



今、わたしたちは「たましい」の世界を

歩み始めている。


砂時計は再び

時を刻み始めた。


たましいの水が

滔々と頭上から降り注ぐ。


動けない。


水が流れ落ちる。




それは、懐かしく。


もっとも自分らしくあり。

自我も自己もない。



天意だけが降り注ぐ。


たましいの水が降り注ぐ。





閲覧数:254回0件のコメント

最新記事

すべて表示

母と父

4年ぶりに高野山へ。 2005年、曼荼羅を天空に見るようになって それを観察し、星や月の動きとの関連を見つけ、 その観察で得た考察を確かめに2008年に高野山大学の 一般向け夏期講習へ。 ちょうど曼荼羅と十二星座の講義が あったのです。 あれから12年。 まさか、星読みでこんな活動をしているとは。 初めての高野山は、曼荼羅の学習もあったけど 何より自分自身の区切りとして訪れました。 生まれなおし、