top of page
  • 執筆者の写真Lumina

かに座のうた

更新日:2020年1月4日


澄みわたる水の中 静かな呼吸ともにいくつもの空気の泡がキラキラとのぼっていく。

その泡がどこから出ているか知っているかい?


その場所は、 人の意識の一番底にあたる。


一番遠い場所なんだ。 ここは、運命も未来も届かない。

時計の針もここでは動かない。


僕たちは、ここで出会うんだ。 本当に大切な人に。




大きなものに立ち向かっていく力も 運命や時間を越えていく力も 強い意志もここで生まれるんだ。


ここで誕生した強い意志は 次のしし座にバトンを渡すんだよ。

しし座から戻ってきた”僕ら”は 今、見つけようとしてる。

この「意志」がどこから来ていたか。 一番大切なことを思い出すんだ。


いくつもの生を越えて 僕らは受け継いできた。



何度でも何度でも ここで出会ってきたんだ。


これからも何度でも何度でも出会う。 永遠を生きる。



運命を信じる必要はない。

どんなに変わっても変わらないよ。 いつも一緒だってこと。





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

太陽が「家」に戻る

冥王星・土星・太陽のコンジャンクション。 2020年の一大宙模様イベントが終わる。 星読みの上での太陽とはなんだろう? この太陽の解釈は 時代の中でその位置を変えてきた。 太陽を別の言葉で言えば生命力。 生命力についてわたしたちは考える必要がある。 「元気」がどこからやってくるかということ。 わたしたちは栄養だけで 元気になるわけじゃないということ。 自分がどう「在る」とき 自分自身として 誇りを

圧倒的な孤独

この数年、誰かと何かを作るということをやってきた。 生まれも育ちも年齢も 場合によっては国籍も違う。 そういう中で わたしと誰かの技術や経験やエネルギーが インスパイアしあい 化学反応し 何かが生まれてきた。 何かを誰かと生み出すということ。 それぞれが圧倒的な孤独を受け容れているということ。 自分の全力を差し出すっていうのは そういうことなんだと思う。 真実の自分じゃないものを破壊するための 冥

Kommentare


bottom of page